アルバイト戦士マン

学生・若者に向けアルバイト・お金に関する話を紹介

人と話さないアルバイトまとめ

      2017/04/28

-shared-img-thumb-PAK85_senbannochack20141028181921_TP_V

戦うか、逃げるか

以前このサイトで「コミュ障、ぼっちにおすすめのアルバイト方法」という記事を書いたのですが、こちらはどちらかというと「コミュ障やぼっちが、一般的なバイトにどう立ち向かっていくか」というような内容でした。

私自身コミュ障なのですが、過去にそれを克服しようと接客のアルバイトをして色々と学べたことがあります。

  • 普通そうに見えるお客さんにも意外とコミュ障が多い
  • 役に入り込めばコミュ障でも接客は問題なくできる
  • 仕事では雑談力がない人がコミュ障なのではなく、明確なやり取りができない人こそがコミュ障

気づいたこと・学べた他にもことはたくさんあったのですが、コミュ力が改善する以前に私の心がノックダウンしました。

その後は「もうコミュ力の向上とかはいいから、人と話さないバイトをしていこう」とバイトを次々と乗り換えています。
やっぱり人と話さないのは落ち着くんですよねー。
接客をしていた頃の苦労がアホみたいです。

そんなわけで、今回は前回と逆の「コミュ障やぼっちがどう普通のバイトから逃げていくか」という観点から、人と話さないアルバイトについて紹介していきます。

人と話さないアルバイト

工場作業

人と話さないバイトの代表格のような存在、工場バイト。

相手にするのが物なので、人とコミュニケーションをする回数が圧倒的に少ないんですよね。
食品系の工場なんかではむしろ「一切喋るな」と言われることも多いのではないでしょうか。

それと、こういったバイトってそもそもコミュ障の素質を持った方がいる場合が多いです。
コミュ障の方なら分かってくれると思うのですが、コミュ障ってコミュ障となら一緒にいても全く落ち着いていられませんか?

「何も話さなくても分かり合える」的な安心感があると思うんですよね。
私の思い込みでしょうか?

工場でのバイトは工場ワークスのような専門サイトで探すのがオススメです。

工場のバイト専門サイトということもあってめちゃくちゃ詳細な検索をすることができます。

都道府県と時給制だけ設定して検索すると色々な職場を見ることができます。
そしてなぜかみんな時給が1000円以上と高いものばかり。

塾講師

意外に思われるかもしれませんが、実は塾講師もコミュ障に優しいバイトです。

小学生や中学生って、常に話しかけてくるイメージがありますがこれって面白い人の前でだけ元気になるんですよね。
つまらない人の前ではとことん無口です。
これって特定の子供ではなく小中学生一般に言えるんですよ。

また、問題の解説などで何だかんだ言葉を発する機会はあるので沈黙にもならない。
教える際の例え話なんかで良いものを思いつけば話が広がっていくこともあります。

少し嫌な言い方をすると、年下の相手をするときってあまり緊張しないので平常心で仕事ができるんですよ。

治験

治験もあまり人と話さないバイトですね。
正確には、治験はバイトではなく「謝礼の出るボランティア」です。

人と話さない以前に、数日入院するだけで数万円稼げるなど、かなり楽な仕事であるため一般的に人気があるバイトですね。
治験はV-NET新薬ネットなど、専用のバイトサイトに登録することで仕事を受けることができます。

一つのサイトだけでは集まらない求人も多いのでなるべく多くのサイトに登録しておくのがオススメです。

治験というと「人体実験」のようなものをイメージしてしまう方も多いかもしれませんが、安全が確認されている薬しか試していけないなど厳格なルールがあるため、実際のところ何の心配もする必要がありません。

清掃

清掃も工場と同じく、チャラチャラした人がそもそもほとんどいないタイプの仕事です。
どちらかというと裏方ですからね。

基本的に一人ずつ清掃場所が割り当てられて黙々と作業をする仕事なので、コミュニケーションをとる必要はほとんど無いですね。

整理整頓が好きな人や、集中力が続く人にはかなり向いていると思います。

難点としては、清掃のみのバイトが見つけにくいことなどが挙げられますね。

清掃業務こそあるものの他の業務とセットになっているようなバイトには注意してください。

警備員

警備員というと「企業のビルで見回りをしている人」というイメージが強いですが、ショッピングセンターからマンション、公共施設、交通警備など、警備員にも様々な種類の警備員がいます。

2人1組になって行動するような仕事もあるようなので、そういった職場は多少のコミュニケーションが必要になってしまうかもしれません。

バイトサイトで警備員についての求人を調べてみると日給制・時間拘束が長いものが多く、どちらかというとバイトよりも派遣としての雇用が多いですね。

学生の方にはあまり縁のない仕事かもしれません。
大学生で警備員をしている人などは見たことがありませんね。

ライター

東京などの都会にしか求人がないことが多いのですが、人と話さないバイトとしてはライターもおすすめできます。

「ライターなんて文才がある人しかできないんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが意外とアルバイトを募集しているところは多いです。

主にネットメディアの運営が多く、健康食品の宣伝やネットで話題になっているものをひたすらまとめていくサイトなど、様々なものがありますねー。

ただ、バイトサイトで調べてみてもこういった仕事はまだ求人が少なく、東京などの都会でしか募集していないことが多いですね。

地方に住んでいて、そういった求人を出している企業でアルバイトができなくてもクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを用いれば自宅でライティングの仕事ができてしまいます。

文章を書くことには自身がないという方は、クラウドワークスで多く紹介されている翻訳などの案件などもオススメできますね。